ペット葬儀は飼い主にとってメリットの多いサービス

悲しみを緩和させてくれる飼い主想いのペット葬儀

ペット葬儀を行なうメリット~悲しみから立ち直る儀式~

二人の女性

近年、ペットもきちんと葬儀を行なう飼い主が増えています。しかし「葬儀にどんな意味があるの?」と疑問に思う方も多いのでは?ペット葬儀を行なうメリットについてご紹介していきます。

ペットの成仏を願う

亡くなった者の魂は、四十九日をかけてこの世とあの世を行ったり来たりしながら旅立つ準備を行なうとされています。その間にペット葬儀をして冥福を祈ることで、ペットは成仏して初めて安らかに眠ることができるのです。供養をきちんと行ってあげられることは、ペット葬儀の大きなメリットだといえるでしょう。

飼い主が得られるメリット

気持ちの整理がつく
ペットがいなくなってしまった喪失感を長く引きずることで、ペットロスに陥ってしまう飼い主も少なくありません。ペット葬儀は自分の気持ちに区切りをつけるための場でもあります。ペットに別れを告げることで、心を整理することができるでしょう。
遺骨を保管できる
亡くなったペットをそのままにはしておけませんよね。しかし、犬や猫などをそのまま埋葬するには、意外と広いスペースが必要です。ペット葬儀はイコール火葬を行なうことでもあるので、遺骨が手元に戻ってきます。そのまま、ペット霊園などに納骨してあげることも、手元において供養してあげることも可能。ペット霊園などの墓地に納骨すれば、埋葬場所が土地開発などでなくなってしまうこともありません。
供養が楽になる
多くのペット霊園では、合同慰霊祭などを行って定期的に供養してくれます。お任せして供養してもらうこともできますし、飼い主も参加して一緒にペットの鎮魂を願うこともできます。お知らせが届きますので「いつ供養してあげればいいんだろう」と悩むことがありません。定期的にペットを思い出し、供養してあげることはペットにとっても嬉しいことのはずです。

ペットの死を受容する

多くの飼い主は、ペットを飼いながらその死について覚悟しているつもりかもしれません。しかし実際にペットの死に直面すると、頭ではわかっていても心が現実を受け入れられないことが多いものです。そんな時にペット葬儀を行なうことで、「本当にいなくなったんだ」という実感がわいてくるはず。ペットの死を正面から受け入れて、また前に進むことができるようになります。

ペット葬儀では火葬が最適~埋葬しないメリット~

ひと昔前は自分で庭などに土葬するのが主流でしたが、近年のペット葬儀では基本的に火葬を行なうことになります。その理由を見ていきましょう。

火葬が選ばれる理由

ペット葬儀では火葬が選ばれているようですが、土葬との違いはなんですか?
土葬すると、体が土に還るまでには30~40年と意外と長い年月がかかります。その間に野生動物に掘り起こされてしまう危険性もありますし、埋葬場所が土地整備などでなくなってしまう可能性もあります。そもそも私有地以外の場所に土葬することはできないため、埋葬場所がなかなか見つからないということも。その点、火葬ならば遺骨を手元に残せるため、法要日などを区切りとして納骨堂や墓地など安全な場所に納骨することができます。何より人間のようにしっかり葬儀を行なうことで、家族らしくお別れすることができます。

ペット葬儀会社の努力

遺骨

ペット葬儀社では、飼い主の心に寄り添って火葬ができるよう最善を尽くしています。一体ずつの個別火葬や目視による手動の火葬など、ペットに合わせた方法で遺骨をしっかり残せるよう工夫しているので、安心して相談してみてください。

TOPボタン
ペットの成仏を願うならペット葬儀で悲しみを断ち切る