ペット葬儀社の供養と自分で供養する方法の違い

悲しみを緩和させてくれる飼い主想いのペット葬儀

供養をプロに任せるメリット~ペットが成仏できる環境~

亡くなったペットの供養は自分で行なうこともできますが、プロであるペット葬儀社に任せることで様々なメリットが得られます。

自分での供養

笑顔の女性

自分で供養する方法としては、自宅に祭壇を作って遺骨を安置する方法や、庭に埋葬する方法、遺骨をアクセサリーなどに加工する方法などがあります。ただ手元供養している場合も、最終的にペット霊園に納骨する方が多いでしょう。ペット葬儀には飼い主の心を癒すだけでなく、ペットをしっかり成仏させるというメリットもあります。近年では上記の方法で手元供養をする方も多いようですが、ペットのことを想うならプロの手で供養してあげたほうが良いかもしれません。

ペット葬儀会社の供養法

合同慰霊碑
共同のお墓に入り、他のペットと一緒に供養してもらう方法です。一度納めたら返骨はできませんが、その後ずっと霊園側が丁寧に管理・供養を行ってくれます。飼い主が亡くなった後もペットを供養してもらうことができるので、長期的な目で見ても大きなメリットがあると言えるでしょう。また、たくさんの仲間がいるため、寂しくないという考え方もできます。
納骨堂
遺骨を埋葬せず、室内にスペースを借りて安置する方法です。半年や1年、数年ごとの契約制になっていることが多く、永代供養を行ってくれる納骨堂もあります。納骨堂にもよりますが、借りているスペースを自分の好みに飾りつけることができるところもあります。料金体系も様々なので、自分の考えや財布事情を踏まえたうえで最適な納骨堂を選ぶことができます。
個別墓
ペット霊園などに敷地を購入し、自分のペットだけのお墓を建てる方法です。墓石のデザインや飾りつけなど、自分の好みで作ってあげられる点がメリットでしょう。その後も管理が必要になりますし土地代や墓石など初期費用もかかりますが、やはり専用のお墓というものは嬉しいものです。大切なペットに対する愛情表現として個別墓を選ぶ方も少なくありません。

供養祭が行なわれる

ペット霊園で行われる供養には、合同供養祭と個別供養という2種類があります。合同供養祭は1ヶ月に一度の月例祭や、お盆・お彼岸などに行なう大供養祭などが挙げられます。定期的に開催され、霊園に眠るすべてのペットを合同で僧侶に供養してもらいます。個別供養は、四十九日や一周忌など、自分のペットの忌日に行ってもらう法要です。日にちを決めて予約し、自分のペットのためだけに僧侶をお招きします。

TOPボタン
供養の方法を比較|ペットの成仏を願うならペット葬儀で悲しみを断ち切る