ペット葬儀の代表的な火葬サービスについて

悲しみを緩和させてくれる飼い主想いのペット葬儀

ペットは土葬よりも火葬~葬儀前の確認事項~

こちらでは、ペット葬儀社で行なう火葬の特徴や種類についてご紹介します。後悔しない火葬ができるよう、事前にしっかりとチェックしておきましょう。

ペット葬儀会社の火葬

ペット火葬の依頼先としては、「自治体」と「ペット葬儀社」の2つが挙げられます。自治体による火葬は料金が安いのは良いのですが、ペットを粗雑に扱われてしまうかもしれません。自治体によってシステムは大きく異なりますが、合同火葬のみで遺骨が返ってこないことが多く、場合によってはごみ焼却炉で燃やされてしまうこともあります。ペット葬儀社の火葬はペット葬儀のプロが行なうので、そんなことはあり得ません。相談のうえ、人間と同様に丁寧に火葬してもらえます。

火葬に関する疑問

個別火葬と合同火葬とでは何が違うのですか?
個別火葬とは一体一体個別で火葬する方法のことです。合同火葬とは他のペットと一緒に火葬する方法のことです。個別火葬では火葬後にペットの遺骨が手元に戻ってきますが、合同火葬では他のペットと遺骨が混ざってしまうため返骨はありません。また個別火葬の場合は飼い主が立ち合ってお骨拾いを行なう方法と、すべてをスタッフにお任せする方法に更に分かれます。どの方法が正解ということはないので、自分の考えに合わせて選びましょう。
ペット葬儀会社ではどのようにして火葬をするのですか?
火葬炉には、大きく分けて「屋内型」と「屋外型」の2種類があります。屋内型とはペット葬儀社の施設内部に設置された火葬炉のこと。火葬施設まで飼い主が移動する必要がありますが、火葬炉の入り口に部屋があるため最後の最後まで一緒にいることができます。屋外型とはその名の通り、屋外に設置された火葬炉のこと。入り口まで付き添えないので、基本的にお別れの後にスタッフがペットを預かって火葬を行います。また、移動式火葬車という火葬炉を設置した車で行なう火葬も屋外型になります。移動式の場合、自宅で火葬を行なうことも可能です。

後悔しないペット葬儀

女の人と犬

ペット葬儀と言ってもその種類や方法は様々です。特に火葬炉のタイプまでは考えが及ばない方が多いので、事前にペット葬儀会社に確認しておくと良いでしょう。立ち合いはできるか、どこまでペットに付き添えるのか、希望のイメージを伝えておくことが大切です。

TOPボタン
ペットの火葬|ペットの成仏を願うならペット葬儀で悲しみを断ち切る