心の喪失感を埋めてくれるペット葬儀サービスの魅力

悲しみを緩和させてくれる飼い主想いのペット葬儀

心のケアが大切~喪失感はペット葬儀で癒す~

ペットロスの改善にペット葬儀は有効だと言われています。喪失感を癒し、心をケアしていく方法としてペット葬儀を行ってみませんか?

喪失感を1人で抱え込まない

ペットを失った時の大きな喪失感は、大きな悲しみとなってペットロスを引き起こします。そんな時に一人でいると悪いことばかりを考えてしまい、負の連鎖に陥ってしまうでしょう。喪失感は一人で解消できるものではありません。自分一人で抱え込まず、家族や信用できる友人、そしてプロであるペット葬儀社の人などに相談しましょう。悲しみを分かち合うだけでも気持ちが少しずつ前向きになっていきます。ペットの思い出話や自分の今の心境など、誰かにゆっくりと話を聞いてもらいましょう。

利用者の声

大事にしていた犬が亡くなったときは現実を受け止めることが出来ませんでした。(50代/会社員)

長いこと飼っていた犬が亡くなり、ショックで呆然自失の状態でした。周りにペット葬儀を進められましたが、正直初めは「葬儀なんて…」と躊躇しました。しかし実際にやってみると、人間同様にとても温かく、丁寧に行ってもらえることに驚きました。遺骨を返してもらった時、「ああ、お別れしたんだな」と愛犬の死を受け止めることができました。もし葬儀をしなければ悲しい気持ちのままズルズルと暮らしていたと思うので、ペット葬儀を依頼して本当によかったです。

ペット葬儀会社の方が、沈む私の気持ちを支えてくださいました。(30代/ネイリスト)

私は飼い猫をパートナーのように思っていたので、亡くなった時は本当に辛かったです。でもペット葬儀はきちんとしてあげたいと思い業者に連絡したところ、スタッフの方が温かく優しい言葉をかけてくださって心底安心しました。葬儀だけでなく納骨・埋葬のことにも相談に乗って頂き、1年ほど納骨堂に安置したあと共同墓地に埋葬してもらいました。最初から最後までスタッフの方に支えて頂き、感謝しています。

ペット葬儀会社のケア

ペット葬儀社は、ただ事務的に葬儀・火葬を行なうわけではありません。沈んでいる飼い主のためのケアやサポートも行っています。飼い主の心に寄り添う専門スタッフを設置している会社も多く、ペットケアアドバイザーなどの資格を所有しているスタッフもいます。不安なことや心配なことがあるなら、一人で悩まずに相談してみましょう。優しく話を聞いてもらえます。

TOPボタン
ペットロスにならない為に|ペットの成仏を願うならペット葬儀で悲しみを断ち切る